______________________________________Make a World of Difference_______________

UPDATED: 2020/09/12

倫理規定

PTRのメンバーは、最良のテニス指導者たるべく努力をすることはもちろん、立派な一市民として、生徒や、地域社会や、テニス指導者界など全般に亘って模範とならねばならない。PTRのメンバーは全てしっかりとした道徳意識を持ち、指導者としての規範を示さなければならない。


PTRはメンバー全員に下記の倫理規定の遵守を求める。

  1. 全てメンバーは、いかなる場合も公平で正直でスポーツマンらしくあり、コートの内外においてプロらしく振る舞い、最高の道徳規範を示さなければならない。
  2. メンバーは、金銭面の責任を全うし、契約内容を尊重しなければならない。
  3. メンバーは、学習を継続し、セミナーや会合に参加するなどして、自らの資質向上に努めなければならない。
  4. 身だしなみに気をつけることも重要であり、職場やプレーの際、また、訪問先において、それぞれの基準に合わせた対応が求められる。
  5. テニスの規則の文言と精神を教え、また、従い、常にオフィシャルと彼らの決定を敬うこと。
  6. 専属プロがいる場所では、事前に承諾を得ない限り、レッスンやその勧誘をしてはならない。
  7. あなたの仲間やPTRに対して敬意を持って接するようにすること。
  8. PTRの現メンバーであれば、PTRへの所属を示すために、自分の宣伝材料や衣類にPTRのロゴを表示できるが、資格が失効している場合には、ロゴの表示も含めて、PTRの現会員であると思わせるようないかなる方法をもとれないことを知っている。
  9. PTRのメンバーであることをやめた場合には、PTRに関連する全ての持ち物の使用をやめ、PTRのメンバーであることを暗示するようなことはしない。
  10. PTRが関わるのはメンバー個人のみであり、企業には関わらない。もし発覚した場合は、倫理規定違反と見なされる。



メンバー各々が倫理を重んじ、知性と尊敬と思いやりを持って行動すれば、自身にも組織全体にも自ずから共通の利益が生まれます。